« コゴメバオトギリ(オトギリソウ科) | トップページ | ナツハゼ(ツツジ科) »

2006年6月26日 (月)

ネムノキ(マメ科)

 河川の堤防に満開のネムノキ。陽樹で山林の伐採地や造成斜面、川岸などでよく見かける。根粒菌を持ち空中の遊離窒素を固定する。やせ地や乾燥地にも耐える。葉は大型の偶数2回羽状複葉で、夜になると小葉が閉じる。1日花で夕方に開き、朝に閉じる。桃の実に似た甘い香りがある。花弁は筒状で5枚、目立たない。長く柔らかい淡紅色の部分は雄しべの花糸。英名はシルク・ツリー(絹の樹木)。

Nemunoki

|

« コゴメバオトギリ(オトギリソウ科) | トップページ | ナツハゼ(ツツジ科) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コゴメバオトギリ(オトギリソウ科) | トップページ | ナツハゼ(ツツジ科) »