« ツタバウンラン(ゴマノハグサ科) | トップページ | キソケイ(モクセイ科) »

2006年5月29日 (月)

カタバミ(カタバミ科)

 道端にごく普通に見られるカタバミ。果実が成熟し、種子がはじけている。カタバミの種子はオッタチカタバミに比べると少し小さい。また、オッタチカタバミの種子の表面には白い模様がはっきりと見える。写真の左がカタバミ、右がオッタチカタバミの種子。

Katabami_1

Katabamitane

|

« ツタバウンラン(ゴマノハグサ科) | トップページ | キソケイ(モクセイ科) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ツタバウンラン(ゴマノハグサ科) | トップページ | キソケイ(モクセイ科) »