« オッタチカタバミ(カタバミ科) | トップページ | ミジンコウキクサ(ウキクサ科) »

2006年5月15日 (月)

コバノタツナミ(シソ科)

 庭の植え込みの中で満開のコバノタツナミ。紀伊の海岸での小さな一株が増えて、20年以上咲き続けている。結構強い。タツナミソウとは茎が這うこと、葉が小さく鋸歯が3-7対と少ないことで区別する。茎の毛は開出し、葉にも毛が多い。花の様子を泡だって寄せてくる波に見立てて「立浪草」。冬の間も葉は枯れない。

Kobanotatunanisou

|

« オッタチカタバミ(カタバミ科) | トップページ | ミジンコウキクサ(ウキクサ科) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オッタチカタバミ(カタバミ科) | トップページ | ミジンコウキクサ(ウキクサ科) »