2016年3月31日 (木)

野草を食べよう その2

採集してきたものを洗って、きれいにお掃除しています。

Dsc00822

Dsc00818

ヤブカンゾウとオオカワヂシャ、レンゲ

Dsc00828

とてもおいしい2種類のヨモギ団子

Dsc00830

たくさんのてんぷら、おひたし、炒め物のできあがり

| | コメント (0)

野草を食べよう その1

3月26日、北河内自然愛好会の例会「野草を食べよう」に参加しました。

藤阪駅前から山田池公園までの道ぎわの野草を皆さんで調達して、公園で調理して食べくらべました。

Dsc00802

Dsc00803

レンゲとカンサイタンポポの花

Dsc00827

ノビルとヤブタビラコ

| | コメント (0)

2015年11月27日 (金)

どんぐり工作 猛禽ちゃん その2

もうひとつ作ってみました。
2015_1029_204440aa
 
2015_1029_204650aa

| | コメント (0)

2015年11月19日 (木)

どんぐり工作 猛禽ちゃん

どんぐりと木の実を使ってバードフェス2015用に猛禽ちゃんを作ってみました。

2015_1027_235010aa_3

2015_1027_235142aa_2

2015_1027_235348aa

| | コメント (0)

2013年10月16日 (水)

どんぐり工作 くまモン

トチの実とどんぐりを使ってくまモンを作ってみました。くまモンの鼻はトキノマメの種子です。

S2013_1016_194842aa

S2013_1016_195554aa_2

| | コメント (0)

2013年7月18日 (木)

葉っぱの工作 その3

第3弾目のできばえはいかがでしょうか。

簡単な貼り付けだけの工作です。小さなお子様でも楽しんでいただけるのはないでしょうか。

Img411

Img412

Img413

Img414_2

Img415_2

| | コメント (0)

2013年7月 7日 (日)

葉っぱの工作 その2

新しいパンチを買ってきてまた作りました。楽しいなぁ。

Img408

Img409

Img410

| | コメント (0)

2013年7月 3日 (水)

葉っぱの工作

久しぶりに葉っぱを使って工作をしました。100円均一で買ったパンチで葉っぱに穴をあけていくと楽しくて、楽しくて。つい時間を忘れて作り続けました。出来栄えはどうでしょうか。

Img396

Img399

Img400

Img401

Img402

Img403

| | コメント (0)

2011年11月 6日 (日)

どんぐり工作 アンパンマン・バイキンマン・カレーパンマン

どんぐりと木の実で作ったアンバンマンとバイキンマン。ワイワイ、ガヤガヤと大集合です。そこへなんとカレーパンマンも登場です。

W00000

M0

| | コメント (0)

2011年11月 5日 (土)

どんぐり工作 作り方 レシピ⑤ バイキンマン

今回もみんな大好きなバイキンマンの作り方を紹介します。少し細かい作業が入りますが、がんばって作ってみてください。

W000

使用する材料はトチの実、シリブカガシ・コナラ・スダジイ・ツブラジイのどんぐり、ムクロジの種子、そして「目玉」と紙に書いた「口」です。どんぐりはよく似たものならどんな種類のものでも代用できます。

W0

どんぐりや木の実の接着にはグルーガンを使用します。まず、胴体となるトチの実に頭となるトチの実を接着材でくっつけます。

W1

W3

次に胴体の下部にシリブカガシの足を2本くっつけます。この時バイキンマンが倒れないように頭のくっつける位置と足の角度を調整しておきます。

W4

W5

このように倒れず座ってくれれば上出来です。つぎにシリブカガシの手を2本胴体にくっつけます。

W6

W7

W8

ここまでできれぱほぼ半分完成です。次にバイキンマンの触覚を2個作ります。コナラのどんぐりにムクロジの種子をくっつけます。

W9

次にバイキンマンの尻尾を作ります。まず、スダジイとツブラジイのどんぐりの組み合わせを確認しておきます。熱いクルーガンに注意して、ひとつひととつくっつけていきます。

W10

W12

この尻尾を胴体の後ろにくっつけます。

W11_2

次に顔の真ん中にムクロジの種子の鼻をくっつけます。

W13

W14_3

次に頭の左右に先程に作った触覚をくっつけます。うまくくっつけるコツは、接着剤の中にブチュッと触覚の根本を刺しこんで、接着剤が固まるまでの1分間、じっと押さえて絶対に動かさないことです。

W15

W16

W17

ここまでできたらもっちょっとで完成です。

W18

最後に木工ボンドで「目玉」と「口」を貼り付ければ出来上がりです。

W19

W0000

| | コメント (0)

2011年11月 4日 (金)

どんぐり工作 作り方 レシピ④ アンバンマン

今回はみんな大好きなアンパンマンの作り方を紹介します。簡単なので、みなさんも作ってみてください。

Q0 

使用する材料はトチの実、シリブカガシのどんぐり、フジの種子、ムクロジの種子、「目玉」です。よく似たドングリや木の実でも代用できます。

Q1

どんぐりや木の実の接着はグルーガンを使用します。まず、胴体となるトチの実に接着剤をつけて頭となるトチの実をくっつけます。

Q2

Q3

次に、胴体の下部にシリブカガシの足を2本くっつけます。この時にアンパンマンが置いた時に倒れないように頭のくっつける位置と足の角度を調整しておきます。

Q4

Q5

このように倒れず座ってくれたら上出来です。次にシリブカガシの手を2本くっつけます。

Q6

Q7

ここまでできたら完成は目の前です。顔の真ん中にムクロジの種子の鼻をくっつけます。

Q8

Q9

次に両側のほっぺにフジの種子をくっつけます。

Q10

Q11

最後に木工ボンドで「目玉」をくっつければアンパンマンの出来上がりです。

Q12

Q00

| | コメント (0)

2011年11月 3日 (木)

どんぐり工作 作り方 レシピ③ こがも

  さて 今回は、こがもの作り方を紹介します。

A000

使う材料はトチの実、スダジイのどんぐり、クリの実(シイナ)、そして「目玉」です。クリの実(シイナ)は山や公園で落ちているクリのイガの中にも結構残っています。

A0

まず、胴体となるトチの実にクリの実の頭をくっつけます。

A1

A1_2

次に、スダジイの足を胴体のトチの実にくっつけます。

A2

胴体の背中の場所にクリの実(シイナ)の羽を付けると、ちょっとカモらしくなってきました。

A3

A4_2

最後に「目玉」をつけると、ほら出来上がりです。

A5

A0000_2

| | コメント (0)

2011年11月 2日 (水)

どんぐり工作 作り方 レシピ② どんぐりくろすけ

今回は私のお気に入りのひとつ、どんぐりくろすけの作り方を紹介します。たくさんシイの実が拾えた時によく作ります。

B0000

材料はトチの実とスダジイのどんぐりがたくさん、そして「目玉」です。

B1

まず、トチの実の上面に目玉を木工ボンドでくっつけます。

B2

目玉のまわりをぐるっとスダジイのどんぐりをくっつけていきます。

B3

B4

目玉のまわり、一周できました。

B5

そしてどんどん、どんどんスダジイのどんぐりをくっつけていきます。しっかりとくっつくよう接着剤は多めに使ってもいいでしょう。

B6 

2011_1102_195712aa

やっと最後のひとつです。これをつけるとできあがり。

B7

大きなトチの実を使うと、もっともっと大きなどんぐりくろすけを作れます。でも、どんぐりがたくさん必要です。今回でも約50個を使いました。

B000

| | コメント (0)

2011年11月 1日 (火)

どんぐり工作 作り方 レシピ① わんこ

どんぐりや木の実を使った工作、いろいろな動物の作り方を紹介します。まず、かわいい「わんこ」を作りましょう。

C000

使用する材料はクヌギ、ツブラジイ、スダジイのどんぐりと「目玉」です。どんぐりは同じような形や大きさのものならどんな種類でも構いません。どんぐりの接着はグルーガンを使います。

C1

Z1

最初に胴体となるクヌギのどんぐりにグルーガンで頭となるクヌギのどんぐりをくっつけます。

C2

C3

次に、前足のスダジイをくっつけます。うまく立ち上がるように角度を調整します。

C4

C66

後足も同じようにスダジイをくっつけます。ちゃんと立ち上がるように調整します。

2011_1102_201455aa

次に頭にツブラジイの耳をくっつけていきます。

C5

C55

最後にスダジイの尻尾をくっつけて、目玉を木工ボンドでつけると出来上がりです。

C77

C7

どうでしょうか。うまく作ることができましたか。

C000_2

| | コメント (0)

2011年10月 1日 (土)

ボケ(バラ科)

 公園の植え込みにたくさんの実をつけていたボケ。中国原産の落葉低木。日本には平安時代に渡来したといわれている。果実はナシ状果。長さ8-10㎝の楕円形で、黄色に熟す。酸味が強く、果実酒やジャムに利用される。種子は長さ8㎜ほど。

Boke2_2

Boke2_1

Boke3

| | コメント (0)

2011年9月26日 (月)

イソノキ(クロウメモドキ科)

 日あたりの良いため池畔でたくさん黒い実をつけていたイソノキ。山地や丘陵地で湿ったところに生える落葉低木。葉は長楕円形で先端は短くとがる。側脈は6-10対で裏面に隆起する。花は黄緑色で径5㎜。果実は核果で、球形、径6㎜ほど。黒塾した果実はほんのりと甘くて、苦味や渋みはない。核は4-6㎜、果実に2つ入っている。

Isonoki

Isonoki2

| | コメント (0)

2011年9月23日 (金)

ウレキテス・ルテア(キョウチクトウ科)

 中南米原産の常緑のつる性低木。学名はUrechites lutea (L.) Britton 。別名サマーブーケ。草丈は長さ3-5m。葉は全縁。花は上部葉腋に単生または集散花序つく。花冠は鮮黄色で5裂、花径6-7cm。鉢物としてよく見かける。乾燥には強いが、湿気と寒さには弱い。

Urechites_lutea

| | コメント (0)

2011年9月 4日 (日)

タマザキフタバムグラ(アカネ科)

  道ばたの側溝の中で咲いていたタマザキフタバムグラ。熱帯アフリカ原産の一年草。全草ほとんど無毛。茎は四角形。葉は対性し、中央の脈が目立つ。葉脇から花序を出し、花冠は白色で4裂する。路傍の思いがけないところで稀に見られる。

Tamazakihutabamugura2_2_2

Tamazakihutabamugura2_1 

| | コメント (0)

2011年8月15日 (月)

イヌゴマ(シソ科)

 淀川の河岸の草地で群生して咲いていたイヌゴマ。茎は四角形、短い鉤状の毛がある。花は長さ1.5㎝の唇弁花、淡紅色。上唇は裂けず、下唇は3裂し濃い斑点がある。

Inugoma5

| | コメント (0)

2011年7月29日 (金)

クマツヅラ(クマツヅラ科)

  道路ぎわに咲いていたクマツヅラ。茎は四角形で全体に毛がある。上部でよく分枝する。葉はふつう3裂し、さらに羽状に切れ込む。枝先に細長い花序をつける。花冠の先は5裂して淡紅紫色。雄しべは4個。この付近ではごく稀。

Kumatuzura2_2

Kumatuzura2_1

| | コメント (0)

«ハイクサネム(マメ科)